So-net無料ブログ作成

善悪の区別が付かない子供たち??? [だらだら御託]


なんだか最近のニュースを見てたりすると、



子供のいじめのニュースやら、産まれた子を捨てたやら…。




なんだか、善悪の区別が付いて無いかのようなニュースが多いような…。



これは、ゆとり教育の一環で道徳の授業と言うものがなくなったから???



ボケもんママに聞いてみたら、他府県では部落差別中心の道徳が多いとか…。



でも、長崎に住んでいたボケもんパパは、原爆が落ちたがために、部落などと言う集落は無かったようで



道徳という授業でほとんど部落差別に絡む授業は無く、



(0ではないけど…)



ほとんどが、NHKの教育ドラマを見たり、先生が「こういう状況の時どうしますか?」



との議題などをあげたりしたものに対して、



時には個人で、時にはグループで、ドラマに出ていた誰々は、こうすればよかったなどと発表したりしてた…。



 



でも今思えば、これが社会で生きて行くために、勉強なんかより一番大事なことのような気が…。



 



ボケもん長男君も今、いじめで大変なんだけど、



いじめられてるボケもん長男君に原因があることも多く(その逆もあるけれど)…。



客観的に見ると、今の子達のいじめって、俺ら世代のいじめとは、だいぶと様相が違うと言うか…。



みんながみんな、自分が正しくて他が悪い的な考え方で、



いじめる側もいじめられる側もほんと、善悪の区別が付かないんだなあ…。



と納得してしまう…。



だいぶ前だけど、集団になっていじめた方の親から、電話が掛かってきたと思ったら、



集団でボケもん長男君をボコボコにした子の親が、



「怪我させて済みませんでした。病院代出しますから…」なんて電話なのかな?



と思ってたら…。



「うちの子も悪いけど、あんたのとこの子も悪いんやから、仲良くしましょう…」



など、あんたの子が悪いという話を長々と電話で…。



さすがに温和なボケもんパパも



「そんなら、けんかの原因を作ったやつが悪いからって、何してもいいんかあ!殺人起こしてもいいんかあああ」



ってブチ切れちゃいました…。



っていうか、親も親というか…。



その、原因を作ったやつが悪いんやから、原因を作ったやつには何をしてもいいと思っている親が、



子供を育てているんだから、子供に善悪を学べといっても無理か…?



 



でもね。こういう問題。結構すでに手遅れに近い状態かもしれないけど、何とかしないと、



もう取り返しが付かなくなるかも…。



新しい政府には、そういうことも考えて欲しいものだ…。



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 2

七色音

ぶちきれて正解っ!
大勢でボコるなんて最低やっ!パパっあっぱれっ!
でも・・・親がそうなら・・・深刻だわ・・・。
ボコった子供達がしっかり反省していること願うよぉ><。。。
by 七色音 (2012-12-18 21:09) 

ボケもんパパ

ねえ。なんかさあ。俺らの子供のころとちゃうよね。
by ボケもんパパ (2012-12-20 12:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


森と水のエコクイズ2010
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。